• ホーム
  • ユーザビリティの高い記事を作るコツ

ユーザビリティの高い記事を作るコツ

ユーザビリティとはサイトの使い勝手の良さということを表すもので、それが高いとサイトの滞在時間が長くなったり、再び訪れたいと感じたりします。ユーザビリティが高いサイトはファンが増えたりするなどしてアクセス数の増加に寄与したり、稼げるサイトになったりします。検索エンジンのSEO最適化とは違った形で、行っていく必要が出てくるでしょう。

自ブログに対して良い口コミがついたり、悪い口コミがついたりもします。良い口コミに対してはファンがいるのだなということで、大いに励みにすることができるでしょう。それに対して、悪い口コミで誹謗中傷しか書かれていないものについては、一切気にしなくて構いません。そういうものについて気にしてテンションが下がってしまうのはいいことではありません。ただ、悪い口コミでも改善案が書かれてあるものについては、いいサイトを作るための改善のアドバイスだと受け止めて、大いに参考にしてもらうのがいいです。

記事の内容はなるべくユーザーにわかりやすい簡単な言葉を使用し、誰にでもわかるように工夫してください。ただ文章を書いたとしても、ユーザーにとって有益でない記事については見向きもされないことになります。書かれてある文章に対して参考データを集めることにより、説得力を持たせることが可能です。説得力がある文章については自ずと参考にしようという気持ちが芽生えます。ユーザーにとって有益なコンテンツかどうかということを考慮しながら、簡単な言葉で文章を記入し、なるべく参考データを出して説得力を持たせましょう。

記事の内容はわかりやすくするように階層化を心掛けます。コンテンツを見てごちゃごちゃしているものというのは大抵の場合階層化がなされていませんので、情報同士の関係が分かりづらいです。見出しや小見出しなどを使いながら情報を整理することによって、どういう情報が手に入るのかということを分かりやすく示します。情報の整理のために吹き出しを利用することは有効なのですが、乱用すると吹き出しの効果が無くなりますので、印象付けたい情報に限って使用するのがいいでしょう。

記事は文章だけで表現するものではなく、うまい具合画像を使うことにより、情報を効果的にまとめたり、インパクトを与えたりします。画像でどういう情報を伝えるのかが分かればとても効果的です。文章で書くとしても、行間が全くなかったり段落がないと分かりづらいです。適切なタイミングで行間を設定したり、段落分けをするなどしてユーザーにとって分かりやすく伝えるように心掛けましょう。