• ホーム
  • 検索順位がなかなか上がらない!確認方法と対処法

検索順位がなかなか上がらない!確認方法と対処法

パソコンを使用する女性

サイトのアクセス数がなかなか上がらない場合には、大抵の場合検索順位が上がっていないことが要因になっています。検索順位が上がらないと訪れてくれる人が少ないですので、早急に改善をしておきたいところです。検索順位を確認する方法としてグーグルウェブマスターツールやnamaz.jpなどがありますので、それで実情を掴むことです。

検索順位が上がらない原因は大きく分けて3つあります。具体的にはSEO対策が間違っていることとペナルティを受けていること、Googleに認識されていないことが該当します。まずはどちらの原因なのかということを突き止めたうえで、適切な対策を施しましょう。

SEO対策が間違っているということであれば、正しいSEO対策をするように改善をしないといけません。記事を書く時にも検索して訪れるユーザーに向けてしっかりと答えを提示できているのかどうかに配慮しながら、コンテンツを作る必要があります。そのポイントとなるのがコンテンツの質と専門性、評判になります。コンテンツを増やす時にも、関連キーワードを含める形で関連記事を増やしていくことが大切です。どういうサイトをするのかを関連記事も含めて全体的に構成してみることがカギです。

いくらSEO対策をするとはいっても、競合が多くいる中ではなかなか検索順位が上がってくることはありません。競合を避けて、なるべくベストなキーワードを設定する事こそが重要です。

サイトが新しい場合にはGoogleに認識されていない可能性があります。この場合はGoogleがサイトをたどりやすいようにインデックスを促す必要があるでしょう。GoogleサーチコンソールにあるFetchasGoogleに対して更新したページを通知したり、sitemap.xmlを作成してコンソールに登録したりする方法によってインデックスを促すことで、少しでもGoogleに認識してもらうことが重要です。

それだけでなく、辿りやすいサイトになっているのかは、十分にチェックするべきポイントです。階層が深すぎるとなかなか辿ることが難しいですので、リンク階層を整理するべきでしょう。インデックスを促したり、リンク階層を整理することにより、Googleに反映されない期間を短くするわけです。実際に検索結果に反映されるまでは3か月から6か月という期間が必要になるでしょう。

ペナルティを受けているならば、それを解消する必要があります。手動ペナルティならばサーチコンソールで確認できるので、どのように解消すればいいのか分かりますが、自動ペナルティは通知されないので原因がわかりにくいです。手動ペナルティは改善して再審査リクエストをすればいいです。しかし、自動ペナルティの場合は自分で追跡して対策を行わないといけません。