• ホーム
  • 被リンクがあつまるようなコンテンツを作ろう

被リンクがあつまるようなコンテンツを作ろう

パソコンを見ている女性

被リンクは自ブログに対して別のサイトがリンクを張っている状態のことを言います。
リンクが張られている状態は、ユーザーの役に立つコンテンツであるということを示します。
被リンクが多いということは検索順位にも当然跳ね返っていきますので、被リンクを集めるということは外部SEO対策として有効です。

別のサイトにリンクを張ってもらうことが有効だとしても、質が低いサイトからの場合と質が高いサイトの場合とでは全然違います。
特にリンクジュースと言って質の高いサイトからリンクを張ってもらうということがとかも重要で、それにより自ブログの質が高いという風にみなされるわけです。
質が高いとみなされれば、検索順位がアップするという好循環が生まれます。

リンクジュースを得るためには、いかにしてユーザーの役に立つコンテンツを提供できるのかにかかってきます。
特にpvが高くなおかつ関連性の高いサイトからの被リンクは特に評価されやすいです。
そうであれば、pvが高くなおかつ関連性の高いサイトからリンクを張ってもらえるように交渉するのがいいでしょう。
サイトの管理人にメールを送って相互リンクの依頼をするということです。
お互いが有益だと思えばリンクを張ってくれる可能性は高いですし、相乗効果が高くなります。

次に考えないといけないのが、自然な被リンクを集めるということです。
不自然な形でリンクを集めたとしても全く意味がなく、かえってペナルティを受けてしまいいつまでたっても検索順位が上がらないことになります。
自然な形でリンクを張ってもらい、自ブログに流入してもらうことによって、アクセス数の増加につながります。

自然な被リンクを集めるための方法は、ブログだけでなくツイッターなどのsnsを行って、積極的に宣伝することも有効です。
snsをきっかけにしてバズることによって、自ブログに対して流入してアクセス数が急上昇し、検索順位がアップすることも珍しくありません。
snsボタンを設置して、snsユーザーに共感してもらうことも大事なことです。

被リンクの多さというのは単純にサイトの評価につながりますが、それだけではダメで、記事の独自性を追求しないといけません。
独自性がある記事があれば、あるきっかけでバズることも十分にあり得ますし、相手から共感されやすいです。
それによってさらにサイトの高評価に繋がりやすく、被リンクを集めやすいという効果が得られます。